熱中症になった人 あさの治療院 札幌の鍼灸

2019/08/09 ブログ

ようやく涼しくなって熱中症のリスクも減ってきました。


ですが熱中症に一度なってしまっ人は再び暑さがもどった時に体調を崩し易くなっています。
何故かと言うと熱中症は身体に熱が溜まって事で起こるのですが対処法は身体を冷やすしか有りません。
この時に充分に解熱ができて熱中症になる前の状態まで冷やす事が出来れば良いのですがダメな場合もあります。


運動をした訳でもなく炎天下で作業をした訳でも無くても身体が熱が残っているとチョットあぶない訳です。
何故なら草野球でも試合前にウォーミングアップをしてケガ防止の為にも身体を温める訳です。
そうする事で試合でスグに動くことが可能になる訳です。
その状態と同じと考えて下さい。


本当なら冷えてるのが正常のはずの身体に熱が残っている状態と言うのは熱中症になるウォーミングアップが終わっている状態です。


そこで熱中症になりかけでも身体にでる自覚症状があるので説明をしようと思います。
一度熱中症になった人に顕著なのですが火照っていない、どちらかと言えば冷たい部分、肩から手首、太ももから足首などに火照った手掌をあてた時に不快感を感じるなら悪い前兆です。


エアコンを入れるなり涼しい場所に避難するなり以前に話した背中を冷やすなり手を打って下さい。
この処置が早ければ早いほど再び熱が溜まらず危険を回避できる訳です。


ほんらい人間には生命維持、生存の為に自分で判断する能力があるのですが、今はそのシグナルを重視しなくなっています。
夏場は心地良く感じるか不快と感じるか、単純に思われるかもしれませんが自分の感覚を信じる事が大切です。


理屈に合わないように思ってもちゃんと観察と考察していくと辻褄は合うのがほとんどです。
火照った手掌で冷えてる腕の部分を触って不快に感じる、これを例に説明します。


手首から先は身体に熱が溜まった時の放熱装置と考えて下さい。
熱中症になりかけの時は熱を逃がそうと身体は一生懸命なわけです。
そんな状態の時にまだ冷えてるからと同じ経路で放熱に協力しているはずの手掌から腕に熱を戻されれば不快に感じるはずです。


これが放熱の経路とは関係のない冷えた下腹部などを触れば放熱に一役かってもらえるので下腹部も心地良く温められるし手掌も効率的に冷えます。
熱中症になって全身が熱を持ってしまうとできないやり方ですが成りかけや初期の時には使える技です。


自分が快適に感じる状況を追い求める生物として正しいことなので無理をせず夏を乗り切りましょう。


次回は夏バテについて話そうと思います。